事業計画

ひとづくり委員会委員長 古橋 典久

下妻青年会議所は、創立42年を数え、今まで先輩諸兄が紡いできた大切な想いを次世代が引継ぎ、より良いものへと進化をしながら多くの事業を経て、LOMの成長へと繋げて来ました。アカデミーメンバーが増加する現在、これから先もその想いを受け継いで将来へとしっかりとした形で繋げ、私たちLOMメンバーが自覚をもちJC運動をより力強く展開できる組織として、さらに磨かれた魅力のある組織へと成長をする必要があります。まずは、持続可能な地域社会へ貢献できる組織となるために、向上心を高める事業を開催し、モチベーションの向上と組織の運営との繋がりについて学ぶことで、自主性をもって積極的に活動するLOMになります。

そして、正面から何事にも挑戦できる青年となるために、利他の精神で日々熱い情熱をもって活動する講師を招き、強烈な体験を受けることで、一度決断したことを実行に移す行動力が身に付きます。さらに、組織でリーダーシップを発揮する青年となるために、意識改革から組織の人財づくりを成し得た実業家を招き、リーダー力を高めて組織を成長させた実体験を聴くことで、周囲の人を動かす力を身に付けます。また、スピーチ力を向上するために、あらゆる機会で数多くのスピーチをする場面を創り、多くのメンバーが経験することで、自分自身の想いを他者に伝える力と人前で話す力を養い、想いを伝える力を向上させるとともに、メンバー同士の交流も深まります。

そして、インタラクティブな意見の抽出できる委員会とするために、力強いリーダーシップでメンバーを巻き込むことで、参画の意識が高い有意義な委員会運営となります。メンバー全員が成長してポジティブな思考と実行に移す行動力が身に付いた青年となり、それを先輩諸兄から受け継いだように、我々も次世代へ想いを伝播できる影響力をもった人財となることを確信し、明るい豊かな社会の実現に向けた新たな一歩を踏み出します。

<事業計画>

1.向上心を最大限に高める事業の実施
2.強烈な体験からポジティブチェンジする事業の実施
3.人を巻き込む力をつける事業の実施
4.各会議、事業におけるスピーチ機会の創出及び実施
5.日本、関東、茨城の何れかに出向стиль дископиксельная кепкастяжка пружин купить