事業計画

まちづくり委員会委員長 青栁 庄一

我々の地域では、超高齢化、人口流出、少子化による人口減少が進んでいる昨今だが、交通インフラの発達により年々の観光客が増加傾向にあり、官民一体となり地域経済活性化に取り組んでいます。この地域には、伝えたい素晴らしい地域資源が存在しているばかりではなく、新たな魅力を引き出せる可能性があり、我々が当事者意識をもち郷土の良さを再認識し、地元を愛する団体として広範囲に地域の魅力を全力で伸ばす必要があります。まずは、新商品を地域の新ブランドとして確立するために、地域の市民、企業、行政及び諸団体を巻き込み、今までにない新しい価値のある地域資源を創り出すことで、地域の物産品であることがわかる強烈なインパクトのある想いが詰まった新商品を生み出します。

そして、さらなる地域経済の持続的な発展のために、多くの人が集まる大規模な祭典にメンバーとともにブースを出展し、我々が新商品を積極的に伝播することで、将来継続的に我々の地域への経済効果が継続し、全国的に地域資源の知名度と認知度を向上させます。さらに、事業展開に大きく関わるメンバーのご家族にも活動にご協力してもらうために、LOMの想いを込めて展開した事業を各委員会が発表し、クリスマスパーティがJC運動の良さを伝えるきっかけになることで、我々の展開する事業への興味と理解を深めます。

また、人々が元気になるまちづくりをするために、地域振興事業の大切さを一人ひとり伝え出席要請し、行政及び関係諸団体と連絡を密に取り合いながら事業へ協力することで、メンバーの当事者意識向上がされ、地域から信頼を得る健全で強固なLОMになります。我々が課題解決に向け率先した熱意ある行動が市民へ伝わり、郷土愛が広まり、地域の新しい魅力となる食の新ブランドが確立され、まちづくりにおける経済活性化の好循環となり、魅力あるまちへと発展を遂げ、仲間と一緒に新しい時代への第一歩を踏み出します。

1.地域の魅力を創る事業の実施
2.地域の魅力を伝播する事業の実施
3.クリスマスパーティの企画運営
4.地域振興事業への協力
5.公開討論会開催時の設営運営
6.日本、関東、茨城の何れかに出向