事業計画

下妻JCブランド力向上委員会兼事務局
委員長 大柳 賢祐

創立50周年に向けた長期ビジョンのもと新たな時代を迎える1年目として、大きな責任と役割があり、下妻JCブランド力向上委員会兼事務局として今までにない委員会と事務局という2つの機能を併せ持つ委員会の運営が求められます。我々は、メンバーの模範となる会議を礎とし、発展的な議論を可能とする環境と運動を最大化できる力強い原動力を備えて、LOMのブランド力を向上させる盤石な組織の体制を構築する必要があります。

まずは、理事長の想いを実現するために、我々が一丸となって専務理事の補佐をすることで、組織としての統制力を高めます。そして、LOMの事業の効果を高めるために、正副理事長会議及び理事会などの諸会議を規律正しく設営し、会議の運営基盤を確立します。さらに、LOMの運動を最大限発信するために、主体的な総会を開催することで、メンバー一人ひとりの事業実現への意欲を喚起します。また、LOMのブランド力を向上させるために、参加者が楽しみ一体感を得られる機会を提供し、LOMの取り組みに共感を持っていただく場を設けることで、地域の支持を得ます。そして、地域に伝わりやすい事業運動を発信するために、広報発信のルールや方向性を統制し、情報共有を常にすることで、縦と横の協力し合う体制を構築します。さらに、スピード感を持った各種広報媒体の情報発信力をより強化させるために、LINE@を用いて各種SNSと連動させ発信し、地域に広く効果的な運動を推進します。また、メンバーの資質と組織力を最大限強化するために、メンバーのフォローアップ制度を策定し、全メンバーの主体性や協調性を高めます。

明るい豊かな社会の実現に向けた運動が地域に周知され、LOMの存在価値が高まり、下妻青年会議所のブランド力が向上され、地域から愛され必要とされる団体として、力強く運動展開をしていける統率された盤石な組織になる事を信じ行動することを決断します。

<事業計画>

1.専務理事の補佐
2.正副理事長会議・理事会の設営及び資料作成
3.下妻青年会議所のブランド力を向上させる事業の実施
5.委員会の協力・各種事業取材・原稿依頼の対応・プレスリリース
6.スピード感を持った効果的な情報発信、HP、SNSの管理
7.会員のフォローアップ制度の策定
8.スピーチの実施
9.日本、関東、茨城の何れかに出向及び出向者例会の設営