基本方針

青少年育成委員会担当副理事長 伊藤 光広

我々の願いは、この地域のすべての青少年が、健全な環境の中で生命の尊重を基盤としながら、生涯にわたって心身共に健やかな上に、人間性豊かな大人として成長することです。また、未来に向かって希望を抱き、将来の目的や目標に向かって努力し続けるとともに、地域社会の一員としての自覚をもち、やがて社会のよき形成者となってくれることを望むからこそ、明るい豊かな社会の実現に向け光り輝く青少年を育成することが必要です。

まずは、委員会と正副間との重要なパイプ役となるために、理事長の補佐としてしっかりと情報を伝達し、共有することで、委員会とのコミュニケーションが円滑になります。そして、子供たちが楽しめるような事業を展開するために、精度の高い議案書の作成に導くことで、責任をもって議案書を上程し、委員会の思いの詰まった事業開催に繋げます。さらに、継続事業としての存在価値を見つめ直すために、本当にこの地域や子供たちにとって必要とされているのか、開催時期や開催場所を再検討することで、未知の可能性を切り開きます。また、委員会内にLOMの方針を落とし込み方向性を見出すために、お互いの意見をぶつけあい議論することで、一致団結したLOMの円滑な運営に貢献します。

そして、時代のニーズに対応するために、他団体の方の意見も取り入れながら、学童野球の開催へと導いていくことで、メンバーはもちろんLOMが力強い組織へと進化します。また、委員会がより楽しく、高い志で活き活きと活動できる環境を作り出すために、毎回参加したくなる、魅力のある委員会開催を促すことで、メンバーの出席率向上へ貢献します。事業を通して現在を見つめ直し、今一度歴史を振り返り過去を知った上で未来について真剣に考え向き合っていくことが、力強い組織へと進化すると確信し我々の想いを一人でも多くの人に伝え、英知と勇気と情熱をもって未知の可能性を切り拓くことを決断します。