基本方針

一般社団法人下妻青年会議所 専務理事 大柳 賢祐

1979年の創立から築き上げてきた組織としての礎は、変遷する時代と人の流れに磨かれ42年目という金字塔を打ち立てる基となっており、その礎は人と人のつながりを大切にし、地域の未来創造に尽力した熱き先輩諸兄の想いに他なりません。理事長の下でその想いを胸に、42ページ目の新たな歴史を作る出発地点に立ったと捉え、長期ビジョン達成に向けた強い組織運営と魅力溢れるJC運動を円滑な方法で展開することが必要です。まずは、理事長がLOMの代表として光り輝くために、理事長の考えを一番に把握し、副理事長とのつながりを密にすることで、次世代のメンバーが魅力を感じる模範的となる最高の支援体制を確立します。

そして、メンバーを一致団結させるために、LOM内外事業のスケジュールをタイムリーに反映し、全員に声掛けすることで、多くのメンバーで様々な事業に参加できる下妻青年会議所を実現します。さらに、地域の枠にとらわれない幅広い人脈を広げるために、出向の機会を最大限に促し、積極的に多くの事業へ参画頂くことで、メンバーの経験と広がったネットワークがLOMに還元されます。また、精度の高い事業を展開し続けるために、議案の精度向上に向けた的確な助言をすることで、主体的に事業を運営していくという当事者意識を高めます。そして、組織運営を盤石にするために、運営の要として情熱をもって専務室室長と連携し、諸会議を統括することで、より良い事業へと昇華させます。

さらに、LOMの基本理念を追求し続けるために、基本方針と運営方針をメンバーに伝播し、理解して頂くことで、組織としての管理体制強化をします。時代を切り拓く誠実なJAYCEEが地域の未来を発展させる原動力となり、LOMの存在価値が高まり、長期ビジョンを達成に向けた、地域から愛され必要とされる団体として、運動展開をしていく統率された組織になることを確信し、新たな一歩を踏み出します。