基本方針

青少年育成委員会 担当副理事長 本川 昌之

この地域の今後の発展は健全なる青少年育成が無ければ不可能と言っても過言ではなく、我々の起こす行動は、可能性を信じて夢を抱きながら将来に向かって行動できる青少年の育成に注力し邁進してきました。2020年は東京オリンピック、パラリンピックが開催となり、子供たちが多くの感動や学びをより近くで経験し、沢山の夢を抱く機会が増す中で、我々が時代のニーズに対応した青少年育成事業を効果的に展開する必要があります。まずは、下妻青年会議所のブランド力をさらに高めるために、理事長の補佐として事業の方向性を導き出し、LOMの想いが集約された魅力溢れる事業を開催することで、JCの認知度が向上して期待度も高まります。

そして、すべての事業を成功させるために、委員会と正副理事長間のパイプ役となり、事業計画の作成や運営をサポートすることで、開催する事業のレベルが向上します。さらに、当事者意識をもったチームワークを発揮するために、上程スケジュール等のルールの順守を徹底し、諸会議に臨むことで、会議体及び委員会の緊張感を高めた有意義な会議とします。また、委員会活動をより活発にするために、委員長としての在り方を伝え、多くの人を巻き込んだ魅力溢れる事業の開催を促すことで、委員会メンバーの出席率が向上します。そして、効率的な会議を開催するために、理事会では議長として規律ある円滑な進行を務めることで、時間の使い方に対する意識を改善します。

さらに、地域の未来を牽引する青少年を育成するために、情熱をもって行動し、共助の精神を育むように導くことで、明るい未来を築く揺ぎない基盤へと成長します。我々の情熱をもって起こす行動が子供たちの成長の一助となり、地域の未来を牽引する人財へと成熟することを確信するとともに、我々の展開する運動がLOMの活動エリアを超えて茨城、関東、日本の明るい豊かな社会の実現へとつなぐ確かな一歩を踏み出します。how to make a video on instagram storiesмасаж нігкак узнать что сайт под фильтром яндекса