基本方針

ひとづくり委員会 担当副理事長 渡辺 隼人

現代社会において、自分が生きていくことに精一杯で他人や社会の課題解決に対して率先して取り組むひとが減少していく中で、地域課題の解決を目指す地域を愛するひとが存在しており、組織に対する人財育成の要請も一層高まりを見せております。下妻青年会議所は、この社会的要請を踏まえ、LOMとして高度の専門的知見と時代の変化に対する対応力をもって組織に対する社会の信頼とブランディングをより高めていく必要があります。

まずは、理事長がLOMの代表として光り輝く存在であるために、常に率先した行動で理事長を補佐し、理事長の考えをメンバーに伝えることで、組織としての統制力を高めます。そして、委員会が一致団結してJC運動に取り組むために、正副理事長と委員会のパイプ役となり、事業の重要性や運動の大切さを教えることで、より組織力が強固になります。さらに、より良い事業を創るために、議案の精度向上に向けて的確な助言をし、熱い想いを込めた議案を上程することで、事業に対する当事者意識を高めます。また、能動的に行動する地域の人財を育成するために、JC運動の本質や役職の在り方を率先して伝え、多くの人を巻き込んだ魅力あふれる事業構築を促すことで、委員会メンバーの主体性を高めます。

そして、志高く魅力的なLOMの組織力を向上するために、茨城ブロック協議会へ自ら率先して出向し、新たな経験と知識をもち帰ることで、自己成長してLOMの発展に寄与します。さらに、LOMの存在価値を確立するために、諸会議で自ら積極的に発言し、議長として理事から活発な質問や意見を引き出すことで、事業の効果を高まります。地域課題の解決を目指す人財育成に力を入れていく団体として、地域に浸透して適正手続きに基づく規律正しい運営の利点を活かして運動の効果の最大化を成し遂げたLOMは、社会の信頼とブランディングを兼ね備えた盤石な組織となることを確信し踏み出します。чугунные казаныпосылка где то едетdmoz каталог как добавить сайт