基本方針

地域経済活性化・会員拡大交流委員会担当副理事長 笠島 健太郎

地域の課題解決に取り組む下妻青年会議所は、少子化による人口減少、地域経済の停滞に伴い、新入会員の減少、短い在籍年数の会員増加という課題を抱えている中、まちを牽引するLOMへの期待は高まっています。会員減少はまちの未来を担う、人財不足へと繋がる大きな問題であり、メンバーがJC運動の意義を理解し、自らが率先し行動を取るべく、同じ志を持つ会員の拡大と資質向上、そして地域の活性化に力を注ぐ必要があります。

まずは、LOMの運動を情報共有するために、理事長の補佐として正副理事長と委員会のパイプ役となり、事業の方向性を導き出すことで、組織力が向上されます。そして、明るい豊かな地域を実現するために、地域経済が活性化する事業を開催できるよう導くことで、魅力溢れるより良い地域の発展に繋がります。さらに、LOMの明るい豊かな未来を創っていくために、委員長とともに自らが拡大の必要性をメンバーに常時伝え続けることで、当事者意識を持った会員拡大意識を醸成します。また、メンバー一人ひとりのリーダーシップ力を養うために、スピーチの大切さを伝えることで、真剣に想いを伝える個々のスピーチ力が向上します。そして、LOMの存在価値を高めるために、熱い情熱を持って魂を込めた議案を上程することで、より良い事業を創出します。さらに、人生最高の学び舎を広く地域に浸透するために、メンバーと連携し、実例を持ってJC運動の魅力を市民に伝えることで、LOMの認知度が向上します。

また、我々が一致団結するために、自らが率先して新しい仲間のサポートを行うことで、新入会員のJC運動の参加率を高めます。この地域で新たな出会いがあり、同じ志を持つ仲間が増え、明るく楽しく元気よく、仲間の成長を支えながら、刺激的で感動的な時間を共有しあい、地域の魅力が引き出され明るい豊かな社会の実現に向けて、活気に満ち溢れた強固なLOMを創ることを決断します。