事業計画

財政規則審査会議 議長 柴 大将

人生最高の学び舎である下妻青年会議所は、明確な長期ビジョンのもと、これまでの実績の検証と現状を把握しながら、常に変化する社会の中、真摯に向き合い成長を遂げ、地域やメンバーから必要とされる魅力あふれる組織に進化しています。私たちは、慎重な会議のもと予算を有効活用し、各事業における費用対効果の向上と、社会の変化に対応し適応した財政管理と法令遵守、時代の変化に即応した事業の確立に寄与する必要があります。

まずは、長期ビジョンのもと成長を続ける組織にするために、積み重ねた実績をもとにしっかり現状を把握し、現状に即した事業費支出を見直し、健全かつ透明性のある財政管理を確立します。そして、地域や会員に必要な事業を構築するために、適正な手続きのもと公正かつ適切な予算書や決算書を作成し、会員からお預かりした貴重な会費を最大限活用することで、各事業における費用対効果を向上させます。さらに、適正な予算運営と予算管理をするために、各委員会の議案を公正な立場から厳しく審査し、会議では一切の妥協なく各事業計画を委員会メンバーとともに協議することで、根拠にもとづいた各事業予算の執行が明確になります。また、社会情勢の変化や会計基準の変更、コンプライアンスの変化に対応するために、茨城ブロック協議会財政局と連携を綿密に取り、事業における法令や規則などの相談や運営手法を学ぶことで、各事業の問題解決に導きます。そして、補助金や助成金など公的資源を有効的に活用するために、自治体と綿密に連絡を取り、巻き込んだ運動を展開して行くことで、自治体から信頼を得て必要とされる組織になります。

厳格かつ明朗な会議をへて、会計の透明化と財政の健全化を確立させ、万全な財政管理の中で、地域に必要とされる費用対効果の高い事業を展開できるLOMに成長を遂げ、社会的に信頼を得て、将来性のある財政運営と事業推進のサポートをすることを決断します。

<事業計画>

1.LOM予算書、決算書の作成
2.財政・コプライアンス関係の管理及び会費の徴収
3.財政規則審査会議の運営
4.各事業の財政面、コンプライアンスの相談・支援
5.スピーチの実施
6.茨城ブロック協議会財政局に出向