基本方針

カリスマ育成委員会担当副理事長 鈴木 修

下妻青年会議所はメンバーに恵まれ、LOMの成長する機会が増えている中で、敬愛する先輩たちの弛まぬ努力の積み重ねがあり、その志と情熱は今日も確実に受け継がれています。しかし、近年の会員減少に伴う組織力の低下はLOMの課題となっていますが、私たちが過去の歴史を知り、未来を見つめ、50周年に向けて、メンバーの自己成長とさらなる志高いリーダーとしての意識を深めていき、組織をさらに進化させる必要があります。

まずは、理事長が光り輝く存在であるために、常に自らが率先して行動し、志高い情熱と覚悟を持って理事長を補佐することで、誰もが憧れを抱くリーダーシップがとれたメンバーの育成に繋げます。そして、メンバーにJC運動の本質を理解してもらうために、積極的に委員会と正副間のパイプ役となり、志を共有し方向性を同じにすることで、組織力が強固になります。さらに、メンバーが当事者意識を持って行動するために、徹底的な情報収集と積極的なアプローチを行い、上程までに議案の質を高めることで、魅力溢れる事業を創出します。また、如何なる困難にも立ち向かえる人財を育成するために、私自身が責任と自覚を持って、積極的にJC運動に参加することで、自身の背中を見たメンバーがカリスマメンバーへと進化します。

そして、地域社会へ貢献できるリーダーを育成するために、メンバー一人ひとりが自立と同様に共助の精神を育むよう導くことで、人間力が向上します。さらに、メンバーの決断力を磨くために、活力と知力を兼ね備え、常に高い志を立て覚悟を持って挑戦するよう伝えることで、LOMの未来を切り拓く力が高まります。
JAYCEEとして責任と誇りを持った行動をする我々が、地域の貢献に必要不可欠な人財であり、JC運動の本質を確実に捉えていき、一度やると決めたら最後まで成し遂げるカリスマメンバーへと成長し、地域を牽引する光輝くリーダーとなることを決断します。