事業計画

青少年育成委員会委員長 鈴木 絵梨

少子化問題や地域のつながりの希薄化等、子供たちを取り巻く環境が時代とともに大きく変化する中で、我々はJC運動を通じて地域の子供たちの明るい豊かな未来の創造へ向けて行動を起こしてきました。これまでの先輩諸兄の想いを受け継ぎながら、下妻青年会議所としての役割や委員会の担いを十分に理解し、明るく豊かな社会の実現に向けて、時代のニーズに対応した夢と希望溢れる青少年育成事業を効果的に展開する必要があります。まずは、夢に向かって全力で進む青少年の育成を実現するために、子供たちが楽しみながら仲間と協力して壁を乗り越え、努力の先にある達成感を経験できる事業を開催することで、夢をもち目標に向かって行動できる青少年を増やします。

そして、子供たちの心身の健全育成のために、下妻JC旗争奪学童野球大会を、コミュニケーション力や礼儀、協調性を身につけられる大会にすることで、子供たちが責任をもつことの大切さや相手を尊重する心を学びます。さらに、継続事業であるオセロ大会の新たな可能性を発掘するために、メンバーが一丸となり、革新的なテーマをもって開催することで、子供たちの思考力と集中力を養うとともに、集客性のある魅力溢れる事業となります。また、地域社会とのより良い共生のために、メンバーに特別支援学校の催事の協力を促し、共に参加して交流を広げることで、社会との連帯感が生まれ、地域により必要とされるLOMとなります。

そして、一致団結しすべての事業を成功させるために、全メンバーとコミュニケーションを密にとることで、メンバーの連携意識と当事者意識を高めたチームワークを発揮します。我々の事業を通じて人生の明確な夢や希望を見つけ、これから成長していく中で常に自信や誇りをもち挑戦し続けることができる子供たちとともに、我々も率先して社会に貢献し自己成長をし続けながら、明るい豊かな社会の実現に向けて更なる一歩を踏み出します。

<事業計画>

1.下妻JC旗争奪学童野球大会の実施
2.オセロ大会の企画運営
3.夢に全力で向かう青少年を育成する事業の実施
4.下妻特別支援学校催事への協力
5.日本、関東、茨城の何れかに出向унитаз розовыйдорогой спортивный костюмcookies это