事業計画

青少年育成委員会 委員長 渡辺 隼人

進化していく社会で、私たちが住む地域の青少年が笑顔溢れる環境の中、生命を大切にし、心も体も健康で、他人を思いやる青年への進化が、社会全体の原動力になると考えられます。未来を想像し、自らの将来の目的や夢に向かいながら努力し続け、子供たちがコミュニティーのメンバーとして意識し、未来の社会を創る一員として成長することが重要であるからこそ、明るい豊かな社会を創り出す光り輝く青少年を育成する必要があります。

まずは、道徳心溢れる青少年を育成するために、同じ世代と交流し、相手を思いやることの大切さを考えるオセロ大会を開催し、勝敗に関わらず相手を称えられる前向きな気持ちが醸成されます。そして、子供たちが仲間との絆をより深めるために、学童野球大会を開催し、参加者同士が試合で交流する場を設けることで、同じ競技をする仲間を認め相手を思いやる気持ちが醸成されます。さらに、子供たちが心身ともに成長し、意欲的な生活を送るために、未来を想像できる環境と社会を創る事業を開催し、成功も失敗も目的達成に繋げる大切さを学ぶことで、個性豊かな光り輝く青少年を育成します。また、地域社会との絆をより強くしていくために、下妻特別支援学校の催事に、多くのメンバーで積極的に参加することで、相手に寄り添い、友好的に交流し、地域に必要とされる団体になります。そして、一致団結した下妻青年会議所を築き今まで盛り上げてきた卒業生の門出を祝うために、卒業生と苦楽の経験を語らい、感謝の気持ちを持って、心に残る卒業例会を開催することで、次世代を担う我々も進化を遂げて、卒業生の新たなステージへと繋げます。

未来を担う子供たちと真剣に向き合い、事業を通じて目的達成する大切さを学び、自らも道徳心を培った我々は、互いを認めて支え合い思いやりのある自立心と道徳心をもった光り輝く青少年とともに、地域の未来を切り拓けると確信し、行動することを決断します。

<事業計画>

1.オセロ大会事業の企画・運営及び今後の展望の決断
2.学童野球の企画・運営及び今後の展望の決断
3.ドキドキワクワクして光り輝く青少年を育成する事業
4.下妻特別支援学校催事への協力
5.卒業例会の企画・運営
6.スピーチの実施
7.日本、関東、茨城の何れかに出向