基本方針

まちづくり委員会 担当副理事長 齋藤 雅英

近年、我々の住まう地域ではまちを彩る催し事や季節感のある開催行事が減少し、文化の承継が弱まる一方で、下妻青年会議所は地域資源の有効活用や、文化的な行事に協力しながら地域を盛り上げてきました。地域でも組織としての存在を確立する中で、まちを元気にする施策としてまだまだ取り組むべき課題は残されており、その解決策に圧倒的に取り組むLOMとして、より良い地域を創る運動展開を地域に伝播していく必要があります。

まずは、LOMの存在を確固たるものとするために、理事長の想いはLOMの意思であると捉えた言動により、背中で導くことで、メンバーが一致団結します。そして、地域の魅力に愛着を感じるまちづくりのために、正副理事長と委員長の重要なパイプ役として基本理念を推進した事業へ委員会を導くことで、LOMが地域に根付くより良い事業につながります。さらに、メンバーの自己成長の場となるために、求められる事を明確に伝達することで、様々な視野で物事を捉える感覚を有した組織となります。また、JC運動が地域社会の持続的な発展に寄与するために、事業の方向性を導き出し、精度を上げた議案書を上程することで、開催までの過程が濃厚になり質の高い事業となります。

そして、地域の魅力を一人でも多くの人に伝播するために、会員拡大の意識を高くもち続け入会候補者を発掘することで、メンバーの増加のきっかけとなり、JC運動の規模と可能性が飛躍します。さらに、メンバーの出席率向上へ貢献するために、より楽しく毎回参加したくなる魅力ある委員会の開催を促すことで、高い志で活き活きと活動できる環境を創り出します。乗り越えた課題と成果の基に成長を成し遂げ、より良いまちづくりに一個人として誇りを掲げ、地域の活性に貢献しLOMに身を捧げた時間から経験値を積み、飛躍を遂げた人財の組織形成から織りなす圧倒的事業が未来永劫続くより良いまちづくりに踏み出します。